荻原みさき病院リハビリテーション部

リハビリテーション部便り

荻原みさき病院リハビリテーション部

勉強会の日に…

気付けばもう8月も終わりです。
すっかり涼しくなって、裏庭の蝉の鳴き声も聞こえなくなってしまいました。

先日、8/23、24と、ボバース勉強会が当院で開催されました。
当院は会場提供をさせていただきました。他院から沢山のスタッフさんが参加されており、当院からも沢山のスタッフが参加させていただきました。
ありがとうございました。


その勉強会のあった8/24、当院近くの旧中央市場跡地で見つかった、太平洋戦争時の不発弾の処理がありました。

f:id:ogiharamisakiriha:20140829211221j:plain

地下鉄も通行止めでした。
f:id:ogiharamisakiriha:20140829211738j:plain

道路も物々しく
f:id:ogiharamisakiriha:20140829211810j:plain
f:id:ogiharamisakiriha:20140829231419j:plain
この土嚢のようなものの中で、不発弾処理が行われていたそうです。
結局13:00で終わる予定が、16:00までかかっていました。
50キロもある、火薬も信管もある弾頭だったそうです。

当院周辺は昭和20年3月17日の神戸大空襲で甚大な被害があった場所。
患者さんからも目を覆いたくなるような戦争体験を聞かせて頂くことがあります。

終戦から69年、平和な時代に何かを訴えるような出来事でした。



広告を非表示にする