読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

荻原みさき病院リハビリテーション部

リハビリテーション部便り

荻原みさき病院リハビリテーション部

兵庫県総合リハビリテーションケア研究大会

先日兵庫県総合リハビリテーションケア研究大会がありました。そこで、入院リハビリ→外来リハビリと当院で開催されている失語症当事者会「かもめ音楽隊」の一員である失語症当事者さんと共同で、「病気後、新たな生活の自立に取り組んだ失語症者の一例〜外来言語リハビリと社会的活動を通して〜」という演題で発表しました。
この4年の生活とリハビリを振り返りながら共に資料をまとめました。

多くの失語症の方は、病気後、コミュニケーションの機会のみならず、様々な経験の場を失う場合が少なくありません。経験無くして自信の回復は難しく、様々なことを再び体験できる友の会や作業を中心とした地域支援センターの力を再確認しました。そして何より共に挑戦する仲間の必要性を実感しました。

私自身にもそういう経験の場と、後押ししてくれる諸先輩方、共に挑戦してくれる仲間がいるから出来たんだなぁと再認識した出来事でした。皆さんに感謝です。

言語聴覚士科 科長 中平

f:id:ogiharamisakiriha:20160205183705j:image
f:id:ogiharamisakiriha:20160205183832j:image
ちなみにポスターの絵も上の当事者さんが描きました(^_^)



広告を非表示にする