読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

荻原みさき病院リハビリテーション部

リハビリテーション部便り

荻原みさき病院リハビリテーション部

パパ育児休暇

今年度も、リハ部は出産ラッシュです。

3人のパパセラピストに、赤ちゃんが産まれます。

そのうちの2人のパパセラピストが、この度パパ育休制度を利用することになりました。

1人は、時短利用、1人は1ヶ月ほど育児休暇を取得します。

時短利用のセラピストは、現在赤ちゃんが産まれたばかりで、ママは新生児ちゃんの育児、パパは上の子供さんの朝夕の保育園の送り迎えをお手伝いしたりしているそうです。

 

パパになるセラピストの世代は、どうしても職場では重要なポストについていたり、役割を任されたりしている年齢層で、いつもは病院で業務に追われて頑張っております。

でも、子育ては「今」しかない時間です。

子供の成長はあっという間!

 

筆者は働くママなのですが、育休中、毎日家事と育児に追われ、話し相手もおらず、社会から隔離されたような感覚に陥りました…。赤ちゃんは可愛いですが、体調もままならない中で家事と育児に追われるとストレスもたまります。パパさんが帰宅しても、社会に揉まれ、疲れているし中々頼むこともできず…。そんな経験をして来ました。

 

病院では頼れるセラピストですが、家に帰ればママにとって大切な夫であり、子供にとっての大事なパパです(^^)

パパ育休制度が、ママを助け、子供の一瞬の輝く時間に、共に過ごすことの一助となればいいなぁと感じております。

f:id:ogiharamisakiriha:20161028212704j:image

広告を非表示にする