荻原みさき病院リハビリテーション部

リハビリテーション部便り

荻原みさき病院リハビリテーション部

地域と繋がる

先日、兵庫駅前にありますキャナルタウンの中にある、あんしんすこやかセンターへ伺ってきました。

 

今年度、地域へ予防介護教室へ出向く取り組みを積極的に行いました。

そのきっかけをくださったあんしんすこやかセンターの方々と、一年を振り返り話し合いました。

 

私がこの一年を通して、地域へ出向いたスタッフからの感想で特に印象的だったのが、地域の高齢者の方がとてもお元気でパワフルで、当院のスタッフがパワーをもらったという事でした。

 

その事をお伝えすると

「みさきのリハビリのスタッフは、みんなイケメンで、とても会話力があって、女性の高齢者の方々が高揚して楽しそうにお話ししていて、とてもイキイキしている姿が印象的で、私達も一緒に参加していてとても楽しかったんですよ〜!」

と言ってくださいました。

 

つかさず

「イケメンですか!?!?」

と返してしまった私…。

  

イケメンは置いといて(置いとくんかーいと行ったメンバーに突っ込まれそうですが…)、会話力の事を外部の方に褒められたことは本当に嬉しかったです。

今までコミュニケーション力に力を入れて人財育成してきた事が、少しずつ実って来ているように思いました。

 

来年度に向けての発展的なお話が出来、今後も引き続き地域と繋がる活動を積極的に取り組むという事で、あんしんすこやかセンターを後にしました。

 

今まで地域包括という言葉だけが先行していて、病院という立場から地域包括へどのように関わっていけば良いかわからない事が多かったのですが、この一年地域と繋がる事で少しずつ見えて来たように思います。

 

やはり、まずは相手を知る、地域を知る事だと思います。

 

来年度も面白い事がおこりそうな予感です(^^)

 

キャナルタウンあんしんすこやかセンターの皆さま、本当にありがとうございました!

f:id:ogiharamisakiriha:20170316200716j:image

 

広告を非表示にする